施工管理技士とは?

建設関係の求人情報を見ていると、「施工管理技士」という仕事をよく目にします。

では、この施工管理技士とは一体どのようなお仕事なのでしょうか。

今回は、施工管理技士について詳しくご紹介させていただきます。
関連知識…JCM 土木施工管理技士会

施工管理技士とは、簡単に言うと建設現場を取り仕切る人のことで、ときに「現場監督」と呼ばれることもあります。

建設現場において様々な指示を出したり仕事の予定を立てたりというように、そのすべてを取り仕切っていくのです。

そしてそれらの指示によって、工事の出来が変わってくる場合もあります。

そう、施工管理技士とは、とても責任のある立場に置かれている人なのです。

こうして説明をするとあまり魅力的でないようにも思えますが、責任がある仕事ということはそれだけ高収入を期待することができるということでもあります。

実際、現場監督として働いている方の中には年収1千万円を超える方もいらっしゃいます。

ただ、誰でも施工管理技士に慣れるのかというとそういうわけではありません。

施工管理技士は専門の資格を保有していなければなることができません。

そのため建設関係の会社の中には、常に施工管理技士の求人を出しているのになかなか人が見つからない、というところも沢山あります。

現在建設業界への転職をご検討中の方は、知識と経験を身に着けて施工管理技士の資格を取得し、一気にステップアップを図ってみてはいかがでしょうか。

憧れの年収1千万も、夢ではありませんよ?

コメントは受け付けていません。