作成者別アーカイブ: admin01

建設関係なら、70代になっても高収入!!

最近は、建設関係の会社から多くの求人が出されています。

では、建設関係の会社に就職することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

建設関係の会社に勤める最大のメリットは、年をとっても高いお給料をもらうことができるという点です。

例えばあなたが事務職や営業職に就いた場合、70歳になっても現役で働き続けるというのは難しいですよね。

これに対して建設関係のお仕事の場合、70歳になっても現役の職人として活躍することができるのです。

そして現役の職人として活躍できるということはそれだけ沢山のお給料をもらうことができるということでもあります。

実際建設関係の仕事に就いている方の中には、70代後半でありながら毎月80万円以上のお給料をもらっているという方も沢山いらっしゃいます。

また例え現役として仕事をすることができなくなったとしても、若手の育成を行ったり現場の指揮をとったりという形でお仕事をしている方は沢山いらっしゃいます。

建設関係の仕事というと体力勝負で若いうちしかできない仕事というイメージを持たれがちですが、実は他の職種よりも長い間現役として活躍することができる職業だったのですね。

最近は年齢を重ねても若々しい方が増えていますが、70が来ても80が来ても、現役の職人としてバリバリ活躍している姿というのは、とても魅力的です。

いくつになってもかっこよくいたいという方は、一度建設関係の求人に目を向けてみてはいかがでしょうか?

施工管理技士とは?

建設関係の求人情報を見ていると、「施工管理技士」という仕事をよく目にします。

では、この施工管理技士とは一体どのようなお仕事なのでしょうか。

今回は、施工管理技士について詳しくご紹介させていただきます。
関連知識…JCM 土木施工管理技士会

施工管理技士とは、簡単に言うと建設現場を取り仕切る人のことで、ときに「現場監督」と呼ばれることもあります。

建設現場において様々な指示を出したり仕事の予定を立てたりというように、そのすべてを取り仕切っていくのです。

そしてそれらの指示によって、工事の出来が変わってくる場合もあります。

そう、施工管理技士とは、とても責任のある立場に置かれている人なのです。

こうして説明をするとあまり魅力的でないようにも思えますが、責任がある仕事ということはそれだけ高収入を期待することができるということでもあります。

実際、現場監督として働いている方の中には年収1千万円を超える方もいらっしゃいます。

ただ、誰でも施工管理技士に慣れるのかというとそういうわけではありません。

施工管理技士は専門の資格を保有していなければなることができません。

そのため建設関係の会社の中には、常に施工管理技士の求人を出しているのになかなか人が見つからない、というところも沢山あります。

現在建設業界への転職をご検討中の方は、知識と経験を身に着けて施工管理技士の資格を取得し、一気にステップアップを図ってみてはいかがでしょうか。

憧れの年収1千万も、夢ではありませんよ?

建設関係の仕事につくメリット

ここ数年、建設の現場では世代交代が盛んにおこなわれており、これまで活躍してきた職人の技術を受け継ぐ若い人材が求められています。

実際職安や転職ナビなどの求人情報サイトを見てみると、建設関係の会社からの求人が沢山出ています。

ところがこれだけ求人が出ていながらもなかなか人が集まらないのは、建設関係の仕事に就くことにメリットを感じられないという方が多いことも原因の一つになっています。

そこで今回は、建設関係の仕事に就くメリットについてご紹介させていただきます。

建設関係の仕事に就くメリットとしてはまず、他の職種よりも高い給料をもらうことができるという点が挙げられます。

というのも建設関係の場合、高いところに登ったりというように危険を伴うような作業をしなければならなかったり専門的な技術が必要とされたりするため、他の職種と比べてかなり高めの給料が設定されているのです。

最近は夫婦共働きの家庭が増えていますが、建設関係の仕事に就いて沢山のお給料を持って帰ることができれば、奥様を子育てに専念させてあげることができますね。

建設関係の仕事に就くことにはまた、日本の役に立つことができるという魅力もあります。

建設関係の会社には国や都道府県からの発注も多くあり、これらの仕事をすることによって道路や橋などを作り、多くの人々の役に立つことができるのです。

現在転職を考えているという方は、建設関係の求人にも目を向けてみてはいかがでしょうか?